0570046620は、ノコギリヤシ配合の男性用スキンケアサプリ【ジェントルフェイス】でおなじみのメンズキング/株式会社INKの電話番号です。
 

 

ノコギリヤシ配合の男性用スキンケアサプリ【ジェントルフェイス】とは?

[こんな方におすすめ]・顔のテカリ、ニキビ等、男性特有の肌トラブルがある・スキンケアをするものの、なかなか効果がでない・どうにかしたいが、何をすればいいのかわからない忙しく 外食が多い 不規則な生活人からの印象を気にして、見た目に不潔感があるのが嫌色々ケア用品等も使っているが、効果が目立たない(オールインワン等を使っていて、時間をさくのがあまり好ましくない)食事で改善したいが、なかなか実行できない[特徴]【男性の肌質】20代男性ホルモンの分泌が盛んで、皮脂が過剰気味。顔がテカりやすく、ニキビもできやすい。皮脂に守られているので、バリア機能は高い。肌に負担をかけ過ぎることなく、皮脂や汚れをキチンと落とす洗顔をすることが課題。しっかり落とした後は、そのままにしておくと皮脂が過剰になるので、ローションで潤いを与えましょう。30代男性ホルモンの分泌量が減り始め、皮脂量も低下。部分的に乾燥しはじめ、混合肌になりやすい。老化により、シワやシミなどもできやすくなる。肌のハリ・弾力が低下する。肌にダメージを与えない適切な洗顔、ローションに加え、必要に応じて乳液の投入も。乳液は、顔全体に塗るのではなく、乾燥しているところに集中させるようにすること。乳液は、肌の水分の蒸発させないようにする、皮脂のような役割のものなので、皮脂が過剰な部分には、あまり乳液は必要ないでしょう。シワや肌の弾力低下が気になるようであれば、美容液加えても。(美容液は、ローションと乳液の中間に使います。)40代皮脂分泌量の低下が加速し、乾燥肌気味になる。肌の再生(ターンオーバー)のサイクルが長くなり、肌ダメージが治るのに時間がかかるようになるシミ・シワが一気に増え始める。これまでの洗顔・ローション・乳液などに加えて、乾燥がひどい場合はクリームで保護するようにしましょう。男性の肌の悩みランキング1顔の油ベタつき2肌の乾燥3毛穴の黒ずみ男性の肌は女性に比べて0.5ミリ程厚みがあります。女性はお肌の水分が多いので、決めも細かくお肌は柔らかいですが、男性のお肌はキメが荒く潤いも少ない。また、男性ホルモンお影響で思春期を境に皮脂の分泌量が急激に増えます。その皮脂量は女性の役2倍と言われています。その後、男性の肌の皮脂分泌量は障害を通してもあまり減少することはなく、一定を保ちますが、女性の分泌量は加齢とともに(30代を境に)どんどん減少していく傾向にあります。思春期の男のこの肌の悩み中高生の思春期を迎えた時、顔にニキビが出来たりして嫌な思いをしたりするのも、男性ホルモンの影響で皮脂の分泌量が増える事が影響しています。皮脂の分泌量が多いということは、毛穴の開きも目立ち、開いた毛穴の奥に皮脂汚れが溜まりやすくなるので、しっかりとスキンケアを行う必要があらいます。十分なスキンケアを行わないと、毛穴に溜まった皮脂汚れが毛穴を塞ぎ、そこからアクネ菌増加によりニキビが出来やすい肌環境へとなってしまい悪循環となってしまいます。皮脂が多いのはビタミン不足が原因皮脂分泌が多い理由の一つに肌の乾燥があり、肌が乾燥する原因の一つにビタミン不足があります。肌の潤いを十分に保つためには化粧水などを用いて外側から保湿する必要がありますが、当然ながら人間の皮膚自体にも保湿や加湿のための機構が数多く存在します。特に暑かったり脈が上がらなくても汗腺からは少量の水分が日常的に蒸散されていますし、上から脂のフタをしてその水分を逃げないようにする皮脂分泌もその一つです。そして、肌内部に水分を捕まえておくための保湿機構はコラーゲンです。コラーゲン繊維は保水性が高く、水分を捕まえ周りの組織へ長時間潤いを提供します。肌の外側だけ潤っても内部が乾いてひび割れが中から起こってしまったりすると意味がないため、コラーゲン繊維の役割は非常に重要です。このコラーゲン繊維はタンパク質を主材料として、ビタミンCを用いながら合成されます。つまり、ビタミンCが不足するとコラーゲンの合成量も不足してしまうのです。そしてコラーゲンが不足して肌内部が慢性的に乾燥すると、何とか乾燥を防ごうと皮脂分泌を活性化させるのです。つまり、ビタミンC不足が皮脂分泌過剰の原因の一つになり得るのです。他にも、ビタミンAやB群なども皮膚や粘膜の健康維持に重要なビタミンで、これらが不足すると皮膚の保湿力も弱り、同様に肌が乾燥して皮脂分泌過剰がもたらされるという一連の現象が起きがちです。もし皮脂過剰に悩んでいて、野菜などをほとんど食べないという方はビタミン不足を疑ってみる必要があります。